赤うさカルテ

赤のメガリ250r=通称【赤うさ】 常に不具合と隣り合わせな赤うさも2年目に突入!!不治の病と思われたエンスト病もなんとか克服し、その後の経過を記録として残していく所存であります(゚∀゚)

2012年05月

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.30.Wed

あの、ゴムのやつ。

以前から外れかかった状態のまま放置していたのですが、
本日とうとう全部とれてしまいました。


DSC01668.jpg
この部分の浸水を防ぐためのゴムパーツです


やれやれ困ったコだ・・・と思いつつカバーを外します。


DSC01669.jpg
中はこんなふうになってます。


そういえば納車当日、ネットでハンドルロックがかけられない車両の問題を見聞していたので、赤うさをお持ち帰りする直前に念のために確認してみたらBINGO!!
メカニックさんに言って調整してもらう時もここを開けて、写真中央のパーツを一所懸命調整してはりました。


どんな接着剤を使えばいいのか分からないので、とりあえずゲルグリップを装着する時に買ってあったこちらの接着剤をつかってみました。


DSC01670.jpg


超速硬化!!超速乾!!と謳われていますが、イマイチ効果を実感できません・・・

もういいやと思って、パーツをそのままタンクへ戻しました。


一晩経って、しっかりと着いているといいけどナ( ´Д`)
スポンサーサイト
2012.05.27.Sun

待ちぼうけ

ライディングシューズを注文してるのですがメーカー入荷待ちだそうで、6月上旬までかかるようなのです。

およそ1ヶ月待ちなのです(´・ω・`)




スニーカーを履いているのですが、シフトチェンジの時に足の甲が痛いのでこういう物を着けてます。

DSC01666.jpg



はい、見てのとおりあっという間にボロボロになりました。



DSC01667.jpg
裏側


当然といえば当然なのですが、足底にくるバンド部は踏まれるわけですから数回使っただけでご覧の有り様なのです。



早く届けタイチのクツーーーーーー!!

2012.05.21.Mon

ツーリング!!

5月19日のこと。
とても天気が良かったので、かねてより計画していた(大和)葛城山以外のツツジを見に行こう!を実行にうつしました。
葛城山では今まさに見頃を迎えているとはいえ、標高の低い他のところはどうなのか・・・
正確な開花情報は見つけられませんでしたが、おそらくはもう見ごろは過ぎたでしょう。

でもそんなのカンケイねー

この日の予定地は鳥見山公園と弁財天石楠花の丘。
さあ行こう!
DSC01517.jpg


下道でのんびり行ったせいで、かれこれ2時間。
やっとこさ鳥見山公園のふもとに到着。
なかなか急な坂道を登り、駐車場に到着です。
DSC01521.jpg

うーん、やっぱりほとんど散ってますな~。
どれぐらい散ってるかといえば九分五厘は散ってますな。
残りの五分を頑張って探してパシャリ
DSC01527.jpg
(このアングルなら満開の時に行ったと言ってもバレないぞ!?)

しばらくウロウロ散策していると展望台があるらしいことが発覚(ボロボロの立札をハッケンソ!!)
獣道っぽいところを抜けるとありましたよ展望台!
DSC01530.jpg
こうして見るとまぁまぁ高いところなんだなぁと思ふ。

しばしの休憩・・・

さて、次は石楠花の丘へGO!!


ウロウロ迷いつつも40分ほどで到着。
うーんやっぱナビが無いとスムーズに行けんです・・・スマホがあってよかった。

あ、セレブは極度の方向音痴ですよ。

DSC01553.jpg

ノボリにつられて山に入っていったら・・・何も無い、ちゅーか坂キツイっす。
しばらく歩いてみて違和感がパネーっす。

絶対こっちじゃない!!

弁天様の所まで戻って周りをよーく見てみると・・・民家の脇に石段が。
石段の先を見るとお社らしきものが・・・
そっちか!!騙しやがったなコンチクショーめ(´Д⊂

石段の元まで行くと、どうやら参拝料(500円)が要るようです。
賽銭箱らしきものがあるけど、ここに入れて勝手に上がっていいのか・・・
なんて悩んでいると管理人らしきおっちゃんがやってきた。

「シャクナゲはもう終わったよ!GWあたりで」

やっぱりそうですか・・・そうですね。
でもせっかく来たんだし、とりあえず上まで行こうと思い参拝の意思を伝える

「行くの?そうかい?本当は500円だけど、また来年来てくれるのなら今日は(無料で)いいよ!」

おっちゃぁぁあん!!

門を開けて石段を見上げる。
DSC01555.jpg
やはりかなり散ってるけど、シーズン中ならそうとう綺麗だろうなぁ・・・
来年は必ずシーズン中に来るぜおっちゃん!!

DSC01557.jpg
石段を上るとお社が。
無銭で入ったふとどき者ゆえ、100円だけ奉納し参拝です。

お、お許しをー・・・_| ̄|○ ヘヘー


さて、今日はここまでの予定だったのですが、ここに来る直前に見た看板。
『曾爾村まで13km』
曽爾村というのはススキの名所として有名な曾爾高原のある所です。

こんなに近かったら、行くよね~行っちゃうよねぇ~(*´∀`)


というわけで、こんどは迷わずに到着。
ここまでほぼ一本道。
DSC01565.jpg


キレイ!!

いやぁビックリした!
ススキを見に、一度だけ来た事はあったのですが、こりゃ初夏の曾爾高原もアリですよ!!
パノラマ一面に広がる新緑がキレイすぎる!
最近流行の美しすぎる○○か!?と思わずツッコミたくなるほど感動しましたよ。

林間学校かな?中学生がわらわら居ました。

せっかくなので上まで上ってみることに。

うん、シンドイ。
シャレにならんぐらいシンドイ・・・老いを感じる。
大声で叫びながらキャッキャ通り過ぎる中坊どもが眩しいぜ・・・

汗を流し、息を切らしながらやっとの思いでテッペンへ。
DSC01585.jpg
嗚呼・・・なんかいいなぁ。




DSC01587.jpg
さぁ帰ろうか、赤うさ。


赤うさがうちにやって来てから約4ヶ月。
考えてみれば短距離だけどツーリングといえるのはこれがはじめてだったかも。

ああ、おケツが痛い。
2012.05.19.Sat

祭りだ祭りだ!!

さてみなさん、今、メガリユーザーの中で最もアツイ事象といえば・・・

そうですね、リフレクター吹っ飛び祭りですね。

乗り遅れていませんか?セレブはもちろん、ぬかりありませんよ。
DSC01505_2.jpg

こうなったらもう

DSC01507.jpg
そうですね、切るしかないですよね。

となると

DSC01516.jpg

付けちゃいますよね~リフレクターキット。


スッキリ!!(゚∀゚)
2012.05.08.Tue

ドカ兄さんといっしょ

GWのこと。
以前より赤うさが見たい!乗りたい!とラブコールを受けていた、ドカ乗りの(職場の)エライ方(以下ドカ兄さん)とランデブーしました。

とりあえず近くの道の駅まで走らせて、赤うさ試乗会のはじまりです。
ドカ兄さんから「(ドカ)乗る?」と笑えないジョークを言われましたが、丁重にお断りしました。
大型免許ないし、あっても怖すぎw乗りたくねぇぇぇぇぇ!!(ゼニ的な意味で)

というわけでセレブは道の駅で赤うさを見送ったあと、しばし休憩です。。。


しばらくして戻って来てきての感想

「7000~8000まで回さないと走らないね」
(そんなに回したら振動が凄いことに・・・どうやって走るんだ(;´Д`))

「フロントサスの調整したほうがいいかもね。もう少し硬めに」
(ほほう、なるほど。よくわからんが今度ショップで相談してみるか・・・(´д`))


せっかくなので2台並んでパシャリ
DSC01490.jpg

横からもパシャリ
DSC01493.jpg
並べてみるとやっぱり似すぎでしょうコレ'`,、 '`,、 ('∀`) '`,、'`,、

パクリだとかプアマンズだとかいう単語がアタマをよぎりましたが、ドカ兄さんは「どっちがどっちか分からんなぁwかっこエエやんw」とオトナの対応。

あ、あざーーーーーっす!!


昼食の時にライディングが上手くなりたいと話していたところ、ドカ兄さんが通勤で通っている山道を案内してくれることになり、あとを追います。

速い!
そしてカーブではキレイに弧を描くようにスイーっと流れていく・・・ほれぼれしますなぁ(*´д`*)

セレブはおっかなビックリでチンタラ追っかけていきましたが、いずれはスムーズに走れるようになりたいものです。
それからというもの、休みの日は教えてもらったコースを早朝に練習しに行っています。
精進あるのみだ!!


そういえばこの日、うちに帰ってきて、ふとトリップメーターからオドメーターへ切り替えたらゾロ目getだぜ!になっていました。
DSC01495.jpg
ようやく1000km
慣らしも折り返し地点だ!(゚∀゚)
2012.05.04.Fri

サイドバッグ装着!

いよいよはじまったツーリングシーズン!
いつでも遠出ができるようにと以前から考えていたサイドバッグを購入しました。

コミネのSA-207と散々悩んだ挙句、最終的に選んだのはナンカイのBA-213でした。
DSC01475.jpg
バッグに取っ手が着いているため、長時間赤うさから離れるような場面では取り外し、楽に持ち運べるタイプという点が決め手となりました。
販売価格は10,800円でしたが、500円引きのハガキが届いていて、さらに5,000円毎の購入につき1枚引けるスピードくじが2枚で800円のクーポンとなり、実質9,500円で買えたのはラッキーでした。

シングルシート化することを念頭に置き、ベルトはリアシートとカウルで挟み込むカタチにしました。
ベルトの当たる部分にはプロテクターシートで保護します。
DSC01470.jpg


ベルトの位置合わせに手こずっているうちにこの日は陽が落ちてしまい、翌日に作業を持ち越すことに相成りました。

翌早朝、無事にバッグの取り付けが完了。

DSC01477.jpg
Dリングの紐をどこに結び付けようか迷いましたが、この位置の取り付けだとDリング自体がタンデムステップに引っ掛けられることが判明( ^ω^)
これでバタつきを抑えられるし、取り外す際も手間要らずです。

DSC01476.jpg
横幅のボリュームはこんな感じ。
15ℓ*2で合計30ℓまでOK!!1泊2泊程度なら余裕ですね( ´∀`)bグッ
日帰りツーリング程度なら右側だけ着けて、左側はヘルメット用にとっておこう。

シャープなデザインで、ホワイトカーボン柄とのツートンが良い感じで気に入ってます。
バッグの中は仕切りなどは一切無し。
ちょっとした仕切りくらいは欲しかったかな~。
2012.05.03.Thu

模倣犯

某ブログさんのマネをしてみました(*´∀`)

DSC01484.jpg


カッケー!!

2012.05.02.Wed

やればできる

DSC01372.jpg
赤うさがやってきた当初からここのカウルの黒い部分が外側にはみ出していて気になっていたのです。
1ヶ月点検の時についでに直してもらえるよう頼んで、カウルの組み直しをしてもらったんですけど、「どうしようもありません…」と余命宣告の如き神妙な面持ちで中華クオリティの現実を叩きつけられました。
まぁ、この程度だったら・・・と諦めていたのですが。


DSC01374.jpg


赤うさを見る度に気になって気になって仕方がないのです!!

意を決してカウルをバラしてみました。
素っ裸になった赤うさをジロジロとイヤラシイ目で舐め回すように視ているうちにあることに気がつきました。
フレームとカウルの間に全長4~5cm、直径3cmほどのゴムパーツがあるのですが、それを支点にしてカウルがフレームに接触してしまわないようになっている模様。

そして車体の左側と右側をよく見てみると、カウルとフレームの隙間の間隔が左右で違うのです。
左側(上の写真側)が狭くて、反対の右側がやや広い。

そこで気がつきました。
ゴムパーツの長さが足りないから、その部分のカウルが通常よりも車体に寄ってきて、その延長上にある写真の部分が、逆に外側に向いてしまっているのではないか…と。

そこでゴムパーツを長くしようと思ったのですが、それ自体を長くするのには手間が掛かるので、フレームの径を太くする方法にしました。
ゴムシートを巻きつけてやる、メットホルダー装着の時と同じ手口です。

結果
DSC01479.jpg

キャ━━━━━━(#゚∀゚#)━━━━━━ !!!!
見事ツライチになりました。
走行後もズレていないことから、完全に直ったといっていいでしょう。

整備士さんが匙を投げたことでも、やればできるもんです( ゚∀゚)o彡°
2012.05.01.Tue

スロットルアシストをつけてみた。

今日は久々に赤うさに乗りましたε=\_○ノ イヤッホーゥ!!
体の調子もまずまずということで、雨が降りそうな中、小一時間ほど走ってきました。

これまでに施した耐震ゲルグリップとベビーバーエンドの効果を確かめてみました。
結果は・・・わからん!!
なにがわからんって、カスタム前の感じを思い出せん!

ということで大まかな数値でご報告差し上げますと・・・
4500回転ぐらいまでなら『微振動』といった感じで、意識しないと気にならないレベルです。
ただし4500からは、はっきりと感じ取れる『振動』に変化してきて、5000以上は不快感を伴う『超振動』とでもいいましょうか、つまりは改善をしたかった原因となったレベルの振動です。

まだノーマル状態のままの皆さん、いかがでしょうか?
「ノーマルよりは多少マシじゃん!」でしょうか。
それとも「ノーマルと何も変わらないじゃん!!」でしょうか。
セレブとしては前者を期待したいのですが、いかんせん自信が無い・・・
8000円をかけた盛大なドレスアップにすぎないのでしょうか(||´Д`)ハテサテ

しかしですよ、下道で流れに乗る程度の速度域であれば5000まで回す必要はありませんし、高速道路でもナントカなりそうな予感はしているのですが、回してナンボの赤うさでそれ言っちゃうとダメですかそうですか(´・ω・`)


ということで振動対策第3弾!!!
スロットルアシストという小物をつけてみました。
DSC01481.jpg
これは、グリップを握らなくても手首を軽く動かすだけで、掌でスロットルを回してくれるというアイデア商品です。
ライダーができる振動対策というのは、グリップを『握らず離さず』で上手く添えることだと何処かで読んだので取り付けてみましたが、これがなかなか優れものでした!
5000回点以上の超振動で走っているときでもコレを使って掌でスロットルを回しているので、手に直接伝わる振動をかなり減らすことができます。
また、無駄なチカラを入れずにスロットルを一定に保つことが出来るので、コレの真価を発揮する場面は長距離ツーリングのときだと思われます。

実はこれが一番効果あったかも・・・一番安いのにorz

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。