赤うさカルテ

赤のメガリ250r=通称【赤うさ】 常に不具合と隣り合わせな赤うさも2年目に突入!!不治の病と思われたエンスト病もなんとか克服し、その後の経過を記録として残していく所存であります(゚∀゚)

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.19.Mon

ラストラン?

いや~毎日寒いですブルブル((((´д`))))ブルブル


セレブは特に寒がりなので冬はオフシーズンのつもりでいます。
(今年の冬は慣らしのために乗らざるを得なかったのですが)


というわけで、ラストランのつもりで後輩くんと奈良県の曾爾高原へ行ってきました。
曾爾高原へは今年の初夏に一人で行きましたが、今の時期はススキが見頃なので後輩くんにも見せてあげようと思ったのです。


天気予報は「晴れ時々曇り」


うん、イイネ!!


当日、待ち合わせの13時。
空は今にも泣き出しそうなどんより曇り・・・


をい!!
責任者出て来い(#゚Д゚)ゴルァ!!


とりあえず行けるとこまで行こうと出発します。


だいたい2時間くらいで着くはずなのですが、ナビどおりに進んでいたら無駄に遠回りをしてしまい3時間・・・
なんとか雨には打たれず曾爾高原へ着いたものの、空は相変わらず曇り。
雨雲が減っただけマシかと思いながらも、やはりショックです。


IMG_0291.jpg


というのも今回の目的は、ただ、ススキを見ることに非ず。


曾爾高原はススキの名所であると同時に、夕焼けのビュースポットでもあるのです。
夕日に照らされたススキの原を見たかったのに(´・ω・`)ショボーン


とりあえず赤うさを駐車場に停めて、ハイキングコースを登りはじめます。


するとどうでしょう。


あれ?
なんか、微妙に雲間があるぞ?


微かな期待を胸に、夕焼けショーのはじまりを待ちます。




IMG_0292.jpg


お?


IMG_0301.jpg


おお!?


IMG_0316.jpg


おおぅっ!!


IMG_0310.jpg


きた!


IMG_0313.jpg


きたっ!!


IMG_0312.jpg


キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~ー!!!!



まさに、こがね色。


一面が銀世界ならぬ黄金世界です。


思わず声が漏れました。


ここ数年で一番心が震えました。


きっと、これを感動というのでしょう。




寒い中来てよかった。
本当に来てよかった。


たとえ隣に居るのがムサい野郎だとしても・・・(´ж`;)ゥ…ゥップ…




IMG_0329.jpg


夕焼けショーのあとは、草餅と缶コーヒーでエネルギーを補給してから家路に着きました。
スポンサーサイト
2012.11.08.Thu

光量うp作戦と時々ロボ

先日の白浜ツーリングの帰り際、赤うさのHIDを見てリーダーがひとつアドバイスをくれました。


「光、拡散してね?アルミ貼るといいよ。」


( ゚д゚)!!


聞くとHIDの光は真っ直ぐには飛ばず、四方八方に拡散しているそうです。
つまり、必要照射範囲から外れた光をそのままにしておくのは勿体無いので、アルミ等で反射させれば範囲内の光量がうpするということだそうです。


このHIDに変えて夜道が格段に見やすくなったことは確かなのですが、HIDというものはもっと劇的にビカーっと明るいものだと思っていたので、正直想像していたほどではなかっという感想を以前の記事にて書きました。
単眼のせいだと思い込んでいたのですが、それ以外にも理由があったようです。


ということで物は試しとやってみます。


DSC02127.jpg
近所のオートバックスにて購入


こいつを貼るために、まずはヘッドライトカバーを外します。


DSC02124.jpg


(゚д゚)


アラヤダ!ロボみたい!!


DSC02128.jpg


ライト周り全部に貼ろうかと思いましたが、アルミテープの長さが明らかに足りないというのと、下のほうにも貼ってしまったら普通に正面から見たときに、アルミテープが見えてしまってブサイクになるので目立たない上側だけにしました。


DSC02130.jpg


インナーみたくなってる黒いパーツにも同様に貼ります。
あとは元に戻して完成です。


作業中に気がついたのですが、右側のカウルのボルトが一部家出をしてしまいました。
先日のツーリングの際に白浜が気に入って永住したのでしょうか・・・


DSC02132.jpg



そうこうしているうちに陽が暮れたので、ライトの具合を確認しに行きます。
もちろんいつもの千早赤阪村へ。


村に近づくに攣れ街灯がどんどん少なくなっていき、トンネルを抜けると・・・


おお!明るいぞ!!
あれ?でもこんなもんだったか!?
これは単にHIDのおかげか!?
いや、プラシーボか分からんが、いつもよりなんか明るく感じるぞ!!?


確証はもてませんが何となく明るくなった気がします。
照射範囲内の白色が濃くなったという印象でしょうか。
とりあえずは良い具合だと思います(`・ω・´)


そうそう、出発する前にドエライことに気がつきました。
ほんと、たまたま気がついたんですが・・・


DSC02133.jpg


シフトペダルのこの部分のナットがゆるんでいて、ペダルがぶらんぶらんになっていました。
気づかず走り出したら途中でぶっ飛んでいってたなこりゃ・・・
まさに間一髪です。


今まで何台かバイクのったけど、こんな所を締め直したのははじめてだ(ノД`)
さすが中華クオリティ・・・
2012.11.06.Tue

生まれ変わった赤うさ

10月の末頃に返ってきて、ろくに走行テストもできないままツーリングへ!!
今回は職場のバイク乗りが集まって龍神温泉を目指します!


朝9時に某所にて集合ということで、同じ町内の後輩クン(CBR600RR)と近所のコンビニで待ち合わせて集合場所へむかいました。
天気は晴れで、この日の最高気温は19℃予報。
絶好のツーリング日和です(´∀`)


集まったのは4人。
CBR250R(リーダー)
FAZE250
Megelli250r
CBR600RR


あ!出発前の集合写真を撮り忘れた!!
今気づく・・・(´・ω・`) ショボーン


まずは第一のポイントである高野山を目指します。
下道渋滞は無く、非常に順調に進んでいたのですが、高野町手前からボチボチ渋滞が・・・
紅葉シーズン真っ盛りですからねぇ・・・仕方ない。


渋滞が発生するだけあって、町は見事な紅葉でした。
イチョウの黄色との色彩が鮮やかで凄くキレイでした・・・
が、バイクをちょこっと停める余裕すら無い混みよう。
渋滞を抜けることを最優先にした結果、高野町の写真は撮れませんでした(´;ω;`)ウッ


龍神スカイライン手前のパーキングエリアでトイレ休憩をし、第二のポイントであるあじさい園を目指します。


渋滞でフラストレーションが溜まっていたのか、250Rと600RRのCBRコンビが一気に離れて行き、遥か彼方へと消えていきました。
見た目一番スポーティな赤うさはというと、トコトコとマイペースで追っかけていきます(`・ω・´)


というわけで着きましたあじさい園!


DSC02118.jpg


ここで重大なことに気がつく・・・


赤うさ以外みんなホンダだ!!


DSC02116.jpg


うーん。相変わらず絶景なり。
7月に独りで来た時は青い紫陽花が満開でしたが、その紫陽花も茶色く薄汚れたパンダのように枯れ果てていました・・・


あじさい園を後にして次に目指すは第三のポイント、護摩山スカイタワーです。
CBRの二人にしばしの別れを告げます。


あじさい園から20~30分ほどで護摩山スカイタワーへ到着。
ここは流石にみんなの休憩スポットになっているようで、車もバイクも数が凄い!!
なんとか赤うさを停め、しばしの休憩です。
ここからは龍神温泉までノンストップのため、しっかりと体を休めます。


休憩を終えていざ、龍神温泉へ!


この先は比較的道も広く、またストレートも増えてくるのでCBRの二人はウキウキです。
チキソなセレブは相変わらずトコトコ・・・
景色を楽しみながらのんびりと目的地を目指します。


道中のススキがキレイだった!
今年は曾爾高原に行けそうに無いので、ここで見れて良かった。


PM13時、龍神温泉に到着です!!


DSC02120.jpg


温泉だー!露天だー!!
と思ったら、団体客が入ってるらしく、外来客が入れるのは14時以降だって(´・ω・`)
仕方が無いので先に昼食をとることに。
ホンダ党の3人はあまご弁当を注文したので、セレブは牛丼をオーダーしました(キリッ


食事をとりながらダラダラと喋っているとそこそこ良い時間になっていたので、ふたたび温泉宿へ。


内湯で体を洗ってから、タオル一丁の半裸状態で廊下を横切り露天へ(なんというシステム)
扉を開けるとナントまんま外!川原のすぐそばが露天風呂になっているのです!!
夏場なら普通に川原でBBQしてるグループから丸見え!
冬でもすぐ近くを通っている吊り橋から除き放題です!!!
実際、多くのおばちゃんがガン見しながら橋を渡っていました(゚∀゚)アヒャ


男4人が橋に向かって仁王立ちをしていたら、警察は見ているほうか見られているほうか、どっちを逮捕するのだろうなどとどうでもいい話に花を咲かせます。
いい大人がまるで大学サークルのノリです・・・


ちなみにこちらのお宿、外来で入れる露天風呂は一つしかないらしく混浴だそうです。(宿泊の場合は知りません)
とはいっても、われわれのグループ以外誰も入ってきませんでしたけどね。
外から丸見えな露天風呂に入ってくるような女性は相当な猛者でしょう・・・


体も充分に温まり、温泉を出たところでリーダーから思わぬ一言が。


「3時までには出発して、暗くなる前にとれとれ市場に到着ね」


え!?
とれとれ市場って、どこの!?
なんか聞き覚えあるけどまさか白浜のとれとれ!?


こちとら龍神温泉までしか聞いていませんでしたが、リーダーはハナから白浜を目指すつもりだったらしい・・
白浜ってあんた、ここからあとどんだけよ!?ウニやイクラは食えるんだろうね!!


海鮮丼の誘惑に負け、白浜はとれとれ市場を目指します。


ここで気になるのがガソリン残量。
入院前ならあと100km近くは走れるけど、アイドリング回転数が上がってるし、山道でずいぶん回したからなぁ・・・
なんて思っていると案の定、しばらく走った後に給油ランプが点灯!
しかし、数十秒後に消灯!


む!?
どっちだ?どうなんだ!?
他のブログ情報によると、給油ランプ点灯はたしか残量3ℓをきってからと販売店から説明を受けたと書いてあったような・・・
しかし実際にガソリン抜いて調べてみると残量ギリギリまで点灯してなかったなんていうことも書いてあったような・・・
まだトリップメーターは50kmだから大丈夫などと思わず、出発前に満タンにしておくべきでした。


しかし、近くにガソリンスタンドが無い以上は前へ進むしかありません。
リーダーに状況を報告し、ギアを高めにして、あまり回さないように気を付けながら走り続けます。


20分ほど緊張の中走ったところで山を抜け、町が見えてきました。
無事にくたびれたGSを見つけ一安心。
ガソリンはちょうど8ℓしか入らず、まだ3ℓ近くは残っていたようです。
ということはやはり、給油ランプは3ℓをきったあたりで点灯するようですね。
先ほど一瞬点灯した時は坂道でしたので、燃料の傾き具合の関係ででセンサーが反応したのでしょう。
また、アイドリング回転数上昇も燃費にはそれほど大きな影響は与えていないようです。
むしろエンスト対策で無駄に煽っていたのをしなくなった分マシになってたりしてw


それから間もなくしてとれとれ市場に到着。
時刻はPM16時30分頃。


DSC02121.jpg


疲れた~!
ていうか市場前の国道?が物凄い大渋滞に・・・こんな中を帰りたくない(´Д⊂


ともあれ腹ごしらえです。
市場内の食堂でウニ丼を注文。
となりの酒屋でノンアルコールビールを買い、ひとまず目的地到着を祝して乾杯です(゚∀゚)ノ
く~~~ぅ・・・近頃のノンアルコールはウマイ!!


食事を終えて、とれとれ市場限定のわらび餅をお土産に購入。
(試食してみてあまりのとろとろっぷりに驚いたので)


個人的にはもう少し渋滞が解消されてから帰りたかったのですが、翌日も仕事ということもあって渋滞を強行突破することに。
帰りは高速道路に乗り、紀ノ川サービスエリアで合流・一時休憩をすることに。


延々と続く渋滞をくぐり抜けて1時間30分。
紀ノ川SAに到着。
山道と違って、ずっと同じ姿勢のため体が痛い!!
首と腰にだいぶきてます。
それプラス、他の3人は寒さに震えています。
そうです、この日の予想最高気温は19℃。
それに油断した3人は比較的薄着で着ていたのです。


セレブはというとガッツリ冬仕様。
上着はおニューのエースカフェロンドンのツイードフードブルゾンの下には防風インナー+モンベルの800フィルパワーインナーダウン+フィールドラカンのヒートサポート(ハイネック)!
下はエドウィンワイルドファイア+フィールドラカンのヒートサポート(タイツ)!!
首にはRSタイチのネックウォーマーで完全防備!!!
まったく寒さを感じず、一人平然としておりました。
雪山と秋の夜長をナメんじゃねーぞ(゚Д゚)ゴルァ!!


紀ノ川SA以降は渋滞も無く、1時間ほどで地元へ戻ってきました。
赤うさが途中でドナドナされることもなく、無事に帰って来ることができて心の底からホッとしました。
リーダーも同感だったようです(苦笑)


今回のツーリングで一番嬉しかったことは、一度もエンストしなかったこと!!
そしてイージークラッチキットのおかげで腕に余計な力が入らず、負担を軽減できたことに加え、クラッチをしっかりときることができるようになったためなのか、ニュートラルに入りやすくなり、信号待ちや料金所で焦ることはありませんでした。
ただ、相変わらず1→Nは入りにくく、2→Nがデフォルトになりつつありますが・・・


兎に角、ツーリングマシンとして確実に成長し、生まれ変わった赤うさに・・・乾杯( ̄ー+ ̄)キラーン

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。