赤うさカルテ

赤のメガリ250r=通称【赤うさ】 常に不具合と隣り合わせな赤うさも2年目に突入!!不治の病と思われたエンスト病もなんとか克服し、その後の経過を記録として残していく所存であります(゚∀゚)

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.21.Mon

ツーリング!!

5月19日のこと。
とても天気が良かったので、かねてより計画していた(大和)葛城山以外のツツジを見に行こう!を実行にうつしました。
葛城山では今まさに見頃を迎えているとはいえ、標高の低い他のところはどうなのか・・・
正確な開花情報は見つけられませんでしたが、おそらくはもう見ごろは過ぎたでしょう。

でもそんなのカンケイねー

この日の予定地は鳥見山公園と弁財天石楠花の丘。
さあ行こう!
DSC01517.jpg


下道でのんびり行ったせいで、かれこれ2時間。
やっとこさ鳥見山公園のふもとに到着。
なかなか急な坂道を登り、駐車場に到着です。
DSC01521.jpg

うーん、やっぱりほとんど散ってますな~。
どれぐらい散ってるかといえば九分五厘は散ってますな。
残りの五分を頑張って探してパシャリ
DSC01527.jpg
(このアングルなら満開の時に行ったと言ってもバレないぞ!?)

しばらくウロウロ散策していると展望台があるらしいことが発覚(ボロボロの立札をハッケンソ!!)
獣道っぽいところを抜けるとありましたよ展望台!
DSC01530.jpg
こうして見るとまぁまぁ高いところなんだなぁと思ふ。

しばしの休憩・・・

さて、次は石楠花の丘へGO!!


ウロウロ迷いつつも40分ほどで到着。
うーんやっぱナビが無いとスムーズに行けんです・・・スマホがあってよかった。

あ、セレブは極度の方向音痴ですよ。

DSC01553.jpg

ノボリにつられて山に入っていったら・・・何も無い、ちゅーか坂キツイっす。
しばらく歩いてみて違和感がパネーっす。

絶対こっちじゃない!!

弁天様の所まで戻って周りをよーく見てみると・・・民家の脇に石段が。
石段の先を見るとお社らしきものが・・・
そっちか!!騙しやがったなコンチクショーめ(´Д⊂

石段の元まで行くと、どうやら参拝料(500円)が要るようです。
賽銭箱らしきものがあるけど、ここに入れて勝手に上がっていいのか・・・
なんて悩んでいると管理人らしきおっちゃんがやってきた。

「シャクナゲはもう終わったよ!GWあたりで」

やっぱりそうですか・・・そうですね。
でもせっかく来たんだし、とりあえず上まで行こうと思い参拝の意思を伝える

「行くの?そうかい?本当は500円だけど、また来年来てくれるのなら今日は(無料で)いいよ!」

おっちゃぁぁあん!!

門を開けて石段を見上げる。
DSC01555.jpg
やはりかなり散ってるけど、シーズン中ならそうとう綺麗だろうなぁ・・・
来年は必ずシーズン中に来るぜおっちゃん!!

DSC01557.jpg
石段を上るとお社が。
無銭で入ったふとどき者ゆえ、100円だけ奉納し参拝です。

お、お許しをー・・・_| ̄|○ ヘヘー


さて、今日はここまでの予定だったのですが、ここに来る直前に見た看板。
『曾爾村まで13km』
曽爾村というのはススキの名所として有名な曾爾高原のある所です。

こんなに近かったら、行くよね~行っちゃうよねぇ~(*´∀`)


というわけで、こんどは迷わずに到着。
ここまでほぼ一本道。
DSC01565.jpg


キレイ!!

いやぁビックリした!
ススキを見に、一度だけ来た事はあったのですが、こりゃ初夏の曾爾高原もアリですよ!!
パノラマ一面に広がる新緑がキレイすぎる!
最近流行の美しすぎる○○か!?と思わずツッコミたくなるほど感動しましたよ。

林間学校かな?中学生がわらわら居ました。

せっかくなので上まで上ってみることに。

うん、シンドイ。
シャレにならんぐらいシンドイ・・・老いを感じる。
大声で叫びながらキャッキャ通り過ぎる中坊どもが眩しいぜ・・・

汗を流し、息を切らしながらやっとの思いでテッペンへ。
DSC01585.jpg
嗚呼・・・なんかいいなぁ。




DSC01587.jpg
さぁ帰ろうか、赤うさ。


赤うさがうちにやって来てから約4ヶ月。
考えてみれば短距離だけどツーリングといえるのはこれがはじめてだったかも。

ああ、おケツが痛い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akausa250r.blog.fc2.com/tb.php/20-485cd287

5月19日のこと。とても天気が良かったので、かねてより計画していた(大和)葛城山以外のツツジを見に行こう!を実行にうつしました。葛城山では今まさに見頃を迎えているとはいえ、...

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。