赤うさカルテ

赤のメガリ250r=通称【赤うさ】 常に不具合と隣り合わせな赤うさも2年目に突入!!不治の病と思われたエンスト病もなんとか克服し、その後の経過を記録として残していく所存であります(゚∀゚)

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.09.Sun

( ゚∀゚)o彡°ETC!!ETC!!

ETCを付けたいのです。


ETCレーンが楽とかそういうことよりも、ETC割引が馬鹿に出来ないのです。


車ではよく高速を使って出かけるのでETCは大活躍なのですが、ふと正規料金とETC割引料金を比較した時に、正規料金を払うのが馬鹿らしく思えてきたのです。


ところがバイク用ETCは高い!
車用と比べてはるかに高い!!
アンテナ分離型だと4万程度(取り付け・セットアップ料金込)、一体型でも3万ほどします!


初期投資が大きい分、付けてしまえばETC割引適用で、すぐに元は取れると思うのですが・・・(ヽ´ω`)ハァ…


ところで赤うさの納車前整備の時に一体型のETCを持ち込んで取り付け可能かどうか頼んだのですが、結果、取り付けられるスペースが無く断念したということがありました。
(ETCは親父殿が乗っていたイントルーダーを手放す際にもぎ取った物)


こいつをどうにか再利用できないかと色々と考えてみましたが、どう足掻いてもハンドル周りに設置することはできません。ハンドルを少しでも切ればカウルに接触します。


やはり赤うさに一体型は無理か・・・




そんなある時、ひとつのアイデアが閃いたのです。


「ハンドル周りが無理なら、無駄なタンデムステップにくくり付ければいいじゃない」(byマリー


おぉ・・・ここなら邪魔にならないし、なんとか付けられそうだ・・・・・・。




というわけでホームセンターで取り付け金具を買ってきました。
DSC02000.jpg
錆防止のためステンレスを選定。右端の金具にETCを取り付けます。


このままだと銀色が目立って手作り間満載になってしまうので黒く塗装することに。


DSC02001.jpg
染めQのプライマーとエアゾール(ブラック)を使用


位置は右側のタンデムステップのフレームに取り付けます。
左側にはメットホルダーが付けてあるし、何より、昔よく立ちゴケ(サイドスタンドをしっかりと下ろせていなかったり)していた時はだいたい左側にコケていたので、右側のほうが比較的安心という、ただそれだけの理由なのです(`・ω・´)


いろいろハミ出したりでブサイクだけど何とか取り付け完了。
基本的にタンデムはしない(貰い事故とか怖いので)のですが、万が一の時でも一応タンデム可の位置に設置できました。


DSC02002.jpg
横から見た図

DSC02003.jpg
引きで見た図


とりあえず取り付けは出来たものの、振動でボルトが緩んでしまわないか。
また、右側はエキパイが外側に曲がっていてETC車載器と近くなっているので、熱でやられないかが心配です。


その後、小一時間走ってきた感じではボルトの緩みはありませんでしたが、やはり若干の熱はもっていました・・・大丈夫だろうか。


というかそもそも、こんな設置方法で果たして配線処理とETCのセットアップはやってもらえるのでしょうか!?
一番肝心なところですが、今月は夏休みを満喫し過ぎてお小遣いが早くもピンチなので、ショップへの持込はお給料が入ってからなのです(`・ω・´)





(追伸)
前回取り付けたハンドルマウントですが、シガソケとの位置を左右逆に付け替えました。
iPhoneホルダーを左側に設置していると、ハンドルロック時にiPhoneをホルダーに入れるのがやりづらい(カウルとのわずかな隙間での作業となるため)というのと、右側だと信号待ちでクラッチレバーを握りながらでも操作ができるという点に気づいたためです。


取り付ける前に気づけ自分・・・


ちなみに、ステムマウントタイプにしなかったワケは・・・


せっかくのMegelliロゴが隠れるのがイヤだったからです(゚∀゚)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akausa250r.blog.fc2.com/tb.php/35-4e34c861

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。