赤うさカルテ

赤のメガリ250r=通称【赤うさ】 常に不具合と隣り合わせな赤うさも2年目に突入!!不治の病と思われたエンスト病もなんとか克服し、その後の経過を記録として残していく所存であります(゚∀゚)

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.23.Sun

みたらい渓谷

職場の後輩クンが新車を購入したので、慣らしを兼ねて片道60kmほどのプチツーに出かけました。
場所は奈良県天川村、目的は『みたらい渓谷』です。


DSC02054.jpg
後輩クンのCBR600RRと赤うさ


排気量は赤うさの倍以上あるというのに、アイドリングの何と静かなことか。
スロットルを捻ればウウゥーーーンと唸りをあげます・・・渋い。
ボボボボと爆音を撒き散らす赤うさがちょっとバカっぽい(´Д⊂グスン


セレブは超安全運転(ヘタレ運転)ゆえ、できれば後輩クンに先行してもらいたかったのですが、ナビ付で道が分かるのがセレブなため、仕方なく先行することに・・・
慣らし中とはいえCBRでノロノロ走るなんてフラストレーション溜まるだろうなぁ(´・ω・`)


走り出して90分ほどで天川村『洞川温泉』に到着しました。


DSC02018.jpg
水がキレイな村です


出発前の予定ではまずは汗をかき、火照った体を冷ますため『面不動鍾乳洞』に入ろうと思っていたのですが、この時期、朝8時出発でも案外気温が低く、途中寒いと思えるほどだったのです。
というわけで予想外に体は冷えているのですが、せっかくなので鍾乳洞に行ってみることに。


IMG_0271.jpg
鍾乳洞前の駐車場に停車


鍾乳洞は山の上にあるため、舗装された道を10分ほど歩きます。
お陰で上につくころにはいい感じに汗がにじんでいました。


DSC02016.jpg
鍾乳洞前の展望台より撮影


DSC02015.jpg
面不動鍾乳洞
中の気温は年中8度に保たれているそうです


DSC02009.jpg
入り口から撮影


中はところどころ天井が低くなっているので注意が必要です。
全長はそんなに長くはありません。


面不動鍾乳洞をあとにし、次に目指すは本日のメインイベント『みたらい渓谷』です。
渓谷へはすぐ近くまでバイクで行くか、林の中のウォーキングコースを歩くかいずれかの方法があるのですが、今回は男二人ということでがっつり歩くことにしました。


DSC02019.jpg
この川の脇から林間コースに入ります
それにしても水がきれい・・・まさに翡翠色


調子に乗って歩き出したはいいものの、思いのほか長い!
全長約7kmていったら、2時間くらいははかかるじゃん!


DSC02025.jpg
林間コースもなかなか見ごたえがあります


まだかまだかと言いながらやっとこさ林を出ました!


と思ったらそこは一般道・・・ん?渓谷は??∑(゚Д゚ υ)アリャ
とりあえず方向は間違っていないと思うので、今度はアスファルトを「ガンメタのガードレール、カコイイね」などと世間話をしながらひたすら歩きます。


しばらくして休憩所と駐車場が見えてきました。
どうやらここから再び林間コースに入り、今度こそは渓谷へ続いている道のようです。
この道は先ほどとは違い、アップダウンがあり少々体力を使います。


DSC02030.jpg
轟音が凄いです


DSC02031.jpg
ここまで来ればあと少しな予感がビンビンしてます


DSC02032.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


DSC02037.jpg
みたらい渓谷


DSC02041.jpg
美しい・・・ほぅ


いやぁ、歩いた甲斐があったというものです。
しかし、帰りもこのコースを歩いて戻る気にはなれませんw


ということでバス停まで歩くぞ!




4km・・・('A`)




DSC02051.jpg
満面の笑みでバスに揺られる後輩クン
実はこのカッコで歩き続けた(爆笑)




洞川温泉に戻ると、ちょっと遅めの昼食をとり、その後また少し走って『天の川温泉』へ。
露天風呂で疲れを癒してから家路に着きました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akausa250r.blog.fc2.com/tb.php/37-30afdba3

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。